Farm

農場だより

「2021 年」の記事一覧

  • 葉をめくるとビックリ!2021.06.15

    日差しがまぶしく、汗がでるくらい暑い日々がつづいています。 夏に向けてぐいぐいと伸びようとするハーブを見て、ついつい笑みがこぼれます。 ただ、心配事もあります。 暖かくなるにつれて、ハーブに悪さをする虫がどんどん増えてきます。 代表的な虫は「アブラムシ」です。 ハーブの葉や茎の栄養を吸ったり、ウィルス病を運んだりします。 この日、「ゼニアオイ」の葉をめくるとスタッフ皆が目を閉じました。 見たくない…[続きを読む]
  • ちょっぴり悔しい収穫2021.05.28

    2021年はじめての収穫はオウゴンでした。 いつもは心が「トキメク」収穫ですが、今回はちょっぴり悔しいです。 当農場ではオウゴンは2年間かけて栽培します。 1年目の春に種をまいて栽培がスタート。夏に花を咲かせるころには高さは30cmほどに。 冬になると地上部分は枯れ、地中の根だけで冬を越します。 2年目の春にはさらに多くの芽を出し、秋に大きくなった根を収穫します。 今回は残念ならが2年目の春に新し…[続きを読む]
  • 収穫に向けて初めの一歩2021.04.13

    4月に入り明野ハーブ農場では苗を植える時期がやってきました。 農場では4月上旬、下旬、5月上旬と段階的に苗を植えます。 それは、農場の寒さと関係しています。 標高800mに位置している明野ハーブ農場では4月上旬は 朝、夕は厚手のジャンパーを着ていないと肌寒いです。 寒さに弱いハーブをこの時期に植えてしまうと、 枯れたりすることがあるので段階的に植えていきます。 今日は寒さに強いハーブを植えていきま…[続きを読む]
  • 冬だからできる大切な仕事2021.01.29

    冬私達はどんなことをしているのでしょうか? 冬はハーブがよりよく育つための「土づくり」に集中します。 土は植物が根を張るための土台です。 私達が理想とする土はフカフカで、 水分を保って、隙間があり空気が豊富にある土です。 カチカチに固まった土では、根から水や空気が供給されず 植物は元気に育つことができません。 理想のフカフカの土に近づけるために今の時期に 牛や鶏の糞や植物などを醗酵させた堆肥(たい…[続きを読む]
1 〜 4件 (全4件)
ページトップへもどる