チャレンジできる

環境を活かし
自ら考え行動していきたい

2005年入社 / 中途
社内情報システム
K.Y.

Interview

社員インタビュー

スタッフ 写真

キャリアチェンジでIT技術を「活用する側」に

もともとはシステムエンジニアとして、お客様が利用するシステムの設計・構築に携わっていました。やがて「作ること」より「使うこと」に興味を持ち、IT技術を活かして自社ビジネスの拡大に貢献したいと、転職を決意しました。

主な仕事は、システムやネットワークなどITに関すること全般について、提案・企画・導入すること。取引先であるシステム会社との折衝も頻繁に行います。自分でプログラムを組むことは減りましたが、人と話す機会が圧倒的に増えました。メールではなく対面でコミュニケーションすることで、「人」のために仕事をしているという実感がわき、やりがいに繋がっています。

スタッフ 写真

大きな成長を感じた2つの経験

入社して3年ごろ、自社の基幹システムの再構築プロジェクトを取り仕切りました。会社の根幹となるシステムのため、失敗は許されません。システムを利用する製造・物流・営業・管理部門などのキーパーソンを集め、部門を超えたチームを組みプロジェクトを推進していきました。「実際に利用する側」の声や「経営層の想い」を加味し、コミュニケーションを密に取るよう心がけたことで、無事システム稼働に成功しました。

当時は30代前半で、「この歳で会社の根幹となるシステムを取り仕切ってよいものか」と思いましたが、信頼してチャレンジさせて頂いたことに感謝しています。

さらに入社10年の節目となる昨年、もう1つ大きなチャレンジをしました。当社には「ネイチャーズウェイ ビジネススクール」という人材育成プログラムがあります。機会をいただき、1年を通してチームで新規事業の創出に取り組みました。月2回、通常業務が終わってから講義を受けたり、日ごろチームでディスカッションを重ねた結果をプレゼンテーションします。最終講義では、経営陣に新規事業案をプレゼンテーションしました。ハードな1年でしたが、自分の業務にとどまらず経営視点での物事の見かたや知識など得られ、大きく成長できたと感じています。

スタッフ 写真

枠組みに捉われず、ITを通して社会に貢献していきたい

当社は、大きな会社ではありません。限りあるリソースの中で、どうITを活用するか考え、自社のビジネスを発展させるために何ができるか、オーガニックコスメを普及させるために何ができるか、社会に貢献するために何ができるか…という課題に対し、与えられた枠組みの範囲に捉われず「自分にできること」という視点で情報収集し、アイデアを形にしていきたいです。

自社内のIT活用が社外で少しでもお役に立てればと、IT活用事例の掲載・発表など、社外に向けた発信もしています。これからも広い視点で、ITという括りで社会に貢献していけたらうれしいですね。

Work Schedule

社内情報システムの
1日のワークスケジュール

  • 09:00
    出社 部署内朝礼、本日の業務内容確認、メールチェック
  • 10:00
    来客 取引先システム会社との打ち合わせ
  • 11:00
    システム作業
  • 11:45
    ランチ
  • 13:00
    打ち合わせ
  • 14:00
    提案資料作成
  • 16:00
    打ち合わせ
  • 18:00
    退社

Join Us

仲間を募集しています

スタッフイメージ写真

自ら考え行動できる方、一緒に働きましょう

当社は、年齢が若くても、自ら提案したことが素早く実行できる環境です。
逆に、自分で決めることが苦手だったり、問題を先送りにしがちな人は大変かもしれません。

また、中小企業なので一人ひとりの守備範囲がとても広いです。
早い段階で責任ある仕事を任せてもらえる反面
「なぜこんなことまで自分がやるの?」と思うケースがあるかもしれません。
しかしそれをネガティブに捉えず
「自分の視野を広げる・スキルを上げる良い環境だ」とプラスイメージで捉え、
仕事に取り組んでいただけるとこれほど心強いことはありません。

当社は社員同士の仲が良く、人柄が良い人ばかりです。
わたしも趣味のロードバイクを通じてプライベートでも交流しています。
仕事はもちろんプライベートも、切磋琢磨しながら共に成長できる仲間をお待ちしています。

共に成長し合える仲間を募集しています。

先輩社員インタビュー

ページトップへもどる