History

ネイチャーズウェイの歴史

自然化粧品の
パイオニアとして

ネイチャーズウェイは、日本でいち早く自然化粧品の輸入・販売を行った企業です。
その歴史は長く、これまでに数多くのブランドを日本に紹介してまいりました。
さらに現在では、自社でこだわりのナチュラル・オーガニックコスメブランドの開発・製造を行っています。
これからも肌にやさしい自然化粧品を追究し、自然素材にこだわった化粧品を提供し続けていきます。

商品 写真

1974 - 1990

化粧品輸入販売業から総合商社へ

自然化粧品がよく知られていなかった1970年代の日本へ
いち早くイギリスから本格的な自然化粧品を直輸入。
さらに世界中から良質な商品を輸入する総合商社としての実力をつけ、
本物志向のお客様の要望に応えた時代。

1974

株式会社ネイチャーズウェイの前身である株式会社ナチュラルコスメチックスを設立。
イギリスのチャールズ・ペリー社からスキンケア、ヘアケア化粧品などを
輸入し販売する会社としてスタート。

1976

スイスのヴェレダ社から化粧品、石鹸、ベビー用品などを輸入。 日本へ初めて自然化粧品ヴェレダを紹介する。

1982

原材料を輸入して「サンダース・ペリー」の委託製造がはじまる。

1988

総合商社をめざし「株式会社エヌ・シー・インターナショナル」へ社名を変更。

商品 写真
商品 写真

1991 - 1997

化粧品メーカーとして国内生産が本格化

地道な努力の結果、英国製品と同一レベルの「サンダース・ペリー」が完成、国内生産をスタート。
国内マーケティングの拠点として東京支社を開設、販売コミュニケーションの充実を図った時代。

1991

化粧品メーカーとしての歴史がスタート。
「サンダース・ペリー」の国内生産に向け、イギリスで「手づくり製法」を学ぶ。

1992

チャールズ・ペリー社から国内生産した「サンダース・ペリー」の品質が認められ、
株式会社チャールズ・ペリー・ジャパンを設立。

1996

チャールズ・ペリー社から「サンダース・ペリー」の全世界における製造・販売権を取得。

建物 写真

1998 - 2004

“美と健康を創造する総合企業”へ

名古屋に本社機能と商品センターを併せもつ新社屋を建設。
化粧品メーカーとして商品開発・事業拡大するとともに、
「ヴェレダ」のナチュラルケアスタジオ、セラピストの育成なども開始。

1998

「株式会社ネイチャーズウェイ」へ社名を変更。
本社並びに商品センターを名古屋市中区錦の新社屋に移転。

2000

「ヴェレダ ナチュラルケア スタジオ」1号店を東京都武蔵野市吉祥寺に開設。

2001

自社ブランド「バイオラブ」の製造・販売をスタート。

Bio Lab ロゴ

2004

美容と健康のためのセレクトショップ
「ネイチャーズウェイ」を大阪府大阪市梅田に開設。

商品 写真

2005 -

自然化粧品メーカーとしての地位を確立

天然由来の原料を使ったオリジナルブランドを次々に発表。
環境負荷低減への取り組みにも力をいれるなど、社会貢献企業としての役割を果たす。

2008

ネイチャーズウェイグループ環境基金設立。
自然原料100%のナチュラルメイクブランド
「ナチュラグラッセ」の製造・販売をスタート。

2010

山梨県北社市に自社農場を開き、無農薬栽培のハーブ育成を開始。

2011

第2工場として愛知県一宮市に「ネイチャーズウェイ一宮工場」を開設。
国産無農薬ハーブにこだわったオーガニックスキンケアブランド
「チャント ア チャーム」デビュー。

chant a charm ロゴ

2012

自社農場が有機JAS認定取得。

2013

6月、ネイチャーズウェイ創業40周年を迎える。
東京支社を東京都新宿区より、東京都渋谷区恵比寿に移転。

2015

名古屋事務所を愛知県名古屋市中区に設置。
オーガニック&ナチュラルなライフスタイルを提案する
コンセプトショップ「ビューティライブラリー」を東京都港区北青山に開設。

2016

ビューティライブラリー横浜ベイクォーター店がオープン
ビューティライブラリー博多マルイ店がオープン

ビューティライブラリー 写真
ページトップへもどる