Farm

農場だより

わたしたちの自然素材へのこだわりをお伝えしていきます

  • 冬の作業は寒さ以上に大変なんですよ2017.02.02

    <冬の作業は寒さ以上に大変なんですよ> 1月27日 この日も明野ハーブ農場へ出向くと「凍結と解凍」を繰り返している畑の表面は砂漠のようにサラサラ。でも2cmも掘ると下はカチンコチン。この季節昼間でもあまり気温が上がらないため、永久凍土のように一日中土が凍ったままになっている状況をよく見かけます。とにかく寒い! さて、みなさんは寒いこの季節、農場でどんなことをしているかご存知ですか?  冬はハーブも…[続きを読む]
  • 今年最後の収穫祭!2016.11.29

    11月16日、今年最後のイベントに相応しく澄んだ青空のもと第2回 収穫祭を開催させていただきました。 今回は長野、群馬を中心になんと70名ほどの方々にお集まりいただきました。この日参加のみなさんも朝から笑顔にっこにこ!収穫祭って普段以上に気分が高揚しますよね。 今日は前回に引き続きエキナセア根と、農場最大の根っこ「アルテア根」の収穫です。スコップを持って掘り起こし開始!農場のアルテアは根の太さもさ…[続きを読む]
  • 2016 明野ハーブ農場 秋の収穫祭 始まりです!2016.11.04

    秋と言えば「食欲の秋」「紅葉の秋」「読書の秋」などいろいろありますが、明野ハーブ農場恒例行事といえば「収穫の秋」。待ちに待ったこの季節がやってきました。 春からお客様、販売関係者様、社員研修など多くの方々にお越しいただき、ハーブ農場の作業をお手伝いいただきました。春の種まきから始まり、草取り、間引き、水やり、摘花、剪定、花や葉茎の収穫および選別など様々。そして10月25日  今年第1回目の収穫祭を…[続きを読む]
  • 7月も2回のお手伝いツアーが開催されました。2016.08.08

    6月に続き、7月も明野ハーブ農場お手伝いツアーを開催させていただきました。今月はマロウ、カミツレ、ラベンダー、セージ、コンフリーの収穫、エキナセアの根を大きくするためエキナセア花の刈り取りなどお手伝いをいただきました( いつもながら感謝の気持ちでいっぱいです)。 また今月は取引先様より企画、バイヤーの方々など多数ご来場いただき弊社の取り組みや有機ハーブの力強さ、自然のすばらしさを実際に見て、触れて…[続きを読む]
  • 今年もお手伝いツアーが始まりました!2016.06.28

    ネイチャーズウェイグループの農場活動にご賛同いただいているお客様、販売関係者様に全国各地よりお集まりいただき、いよいよ「ハーブ農場お手伝いツアー」が始まりました。 当イベントは今年で4年目。年を重ねるごとに賛同者も増え、6月は2回の開催で100名近い方々にご協力をいただきハーブの花や葉の収穫を行いました。初めてご参加の方もいらっしゃれば、毎年参加され年3回以上の顔なじみの方も!特に後者の方々は意気…[続きを読む]
  • 春本番に向けての準備が進んでいます!2016.05.20

    この春、明野ハーブ農場は栽培を開始して7年目を迎えます。 有機JAS認定の当農場では今、春作業に向けての準備が進んでいます。 今年、育てるハーブは20種類。畑に堆肥を混ぜて丁寧に耕すことで、土の中に新鮮な空気をたっぷり取り込ませ、栽培環境を整えていきます。ハーブは、花を使うもの、根っこを使うものなどさまざま。今年も太陽の光をいっぱい浴びた健康なハーブを育てていきます。(2016年春)
  • 強い北風に耐えるハーブの手助け2015.12.20

    農場の冬は「八ヶ岳おろし」と呼ばれる強い北風が吹き抜けます。越冬するハーブたちは春までこの環境に耐えなくてはなりません。そのような中、茎が硬い種類のハーブはこの風に負けて根元から折れてしまうことが多くあります。 これらはよくある「枝折れ」とは違って春に新芽の出る箇所もいっしょに折れ、やがて枯れてしまうため、あらかじめ茎を短く剪定(せんてい)する必要があります。このように越冬の手助けをすることで、被…[続きを読む]
  • 恒例、大収穫祭の開催!2015.10.20

    作物が実る秋、今年も販売関係者の皆様にお集まりいただき、収穫祭を行いました。作業は、主にアルテア・エキナセアの「根っこ掘り」。今年は降雨量が少なく、過酷な環境でしたが、順調に育ってくれました。1年かけてじっくりと育った根の収穫は、ひと苦労。かなりの力作業で、根の端まで傷つけないように1本ずつ慎重に作業しなければなりません。しかし、約100名の販売関係者の皆様の手際よい作業のおかげで、無事にすべての…[続きを読む]
  • 高さ2m超え! 大きく育ったハーブとは?2015.07.20

    各地で猛暑が続いた今年の夏、暑さにも負けず明野ハーブ農場の植物たちはすくすくと元気に成長し、満開の花を咲かせました。例年生長が著しいアルテア(マシュマロウ)は、スタッフの身長を追い抜き、高さはゆうに2m以上に! 下の写真のミカンの房のようなものはあるハーブの種が集まったものですが、何の種かわかりますか?これはアルテアの種です。房の一つ一つに、まるで豆のような形の種が入っています。長さわずか2㎜ほど…[続きを読む]
  • 農場の春がスタートしました!2015.04.20

    農場では、春を待ちかねていたハーブ達が一気に新芽を伸ばし始めました。今回はその中でも、寒く厳しい冬を乗り越えた、たくましいハーブをご紹介します。 それは、爽やかな香りが印象的な「タイム」です。冬の間はタイムはまるで寒さで震え上がるかのように紫色に変色しますが、4月には何事もなかったかのように元気な緑色に戻るのです。過酷な環境の中でも適応力をもち、生き抜くすべを持ったハーブの生命力は計り知れません。…[続きを読む]
  • 元気なハーブを育てる準備は、すでに始まっています!2014.12.20

    最高気温が0℃に届かない日もある冬時期は、寒さを利用した耕越作業を12月から行っています。作業には、土の中で越冬する害虫の退治や、土に 酸素を取り込む「畑の深呼吸」、土と混ぜた雑草の微生物分解の促進など、様々な効果があります。農薬を使用しない有機栽培だからこその工夫です。 寒いからといって手を抜くことができない重要な作業なのです。元気なハーブを育てるため、寒さに耐えながら春まで何度も繰り返し行いま…[続きを読む]
  • 大きく育った根! 秋の収穫~エキナセア、オウゴン~2014.11.20

    11月に今年最後となる秋の収穫祭を開催。販売関係者の皆様とエキナセアやオウゴンの根を収穫しました。根を掘り起こす作業は重労働。土の中で大きく長く成長した根を傷つけないように、慎重にスコップを入れてひとつひとつ丁寧に収穫します。その際、土の中に根を残さないということも大切です。残った根は、翌年に別のハーブを栽培するときに成長の邪魔になってしまうので、あまさず収穫をしておく必要があります。これは、来年…[続きを読む]
1 〜 12件 (全19件)
ページトップへもどる