Farm

農場だより

「2017 年」の記事一覧

  • 鹿に・・・(涙)2017.05.18

    *今回は日記形式でお届けします。 (5月10日) 例年、生長したアルテアやエキナセアが風等で倒伏し、栽培諸作業に影響を与えていましたので、今年はネットを使った対策を夕刻まで第1圃場で実施しました。 ネットに支えられどこまで耐えられるか、これから経過を注視してゆくことになります。農場から帰る際、一羽のカラスが農場に舞い降りてきました。初めて見る光景に目を凝らして見ると、圃場の一角に溜まった水を飲んで…[続きを読む]
  • 2回目の苗の定植と、ハーブの発育状況2017.04.27

    <植え付け 完了> 4月25日、明野ハーブ農場では2回目の苗の定植です。 季節柄、寒の戻りによる遅霜(おそじも)被害を避けるため、2週間遅らせての作業となります。2週間で体感的にも温かい!いい季節となりました。 この日はいつもの3人でゼラニウム(ペラルゴニウム)、マリーゴールドなど6種類 500株超の苗を農場にデビューさせることができました。 これで明野ハーブ農場に全20種類のハーブがそろいました…[続きを読む]
  • 有機JASへの取り組み2017.04.21

    ♦最初から有機一筋 当農場は2010年の営農開始時から有機的管理を行い、2012年に農場が有機JAS(ジャス)認定を受けました。現在ではこの農場で使用する種や苗は有機のものを使用しています。もちろん自社の有機JAS認定圃場でたくましく育ったハーブを種子繁殖や栄養繁殖など自家採種にも取り組んでいます。 ♦有機JAS 更新審査です 昨日の農場研修に続いて本日は有機JASの更新審査を受ける日。午前は有…[続きを読む]
  • 社員研修で農場デビュー ~ 種まき、苗の定植 ~2017.04.20

    4月に3名の新卒社員が入社し、「オーガニック化粧品の達人」なっていただくべく社員研修が連日のように行われています。その知識向上の一環として4月10日、明野ハーブ農場でも春の暖かな日差しのもと農場研修を開催しました。この研修には入社間もない社員にも同様に参加いただき、ハーブ栽培の最初の重要作業「種まき、苗の定植」を行いました! 前回完成させた畝(うね)と呼ばれる場所への穴開けから作業開始。生長したハ…[続きを読む]
  • ハーブ栽培に向けた圃場準備完了!2017.03.30

    今年のソメイヨシノの開花は東京で3月21日、名古屋でも3月28日に気象庁より宣言があり、日に日に春らしさを増す季節となってきました。ここ明野ハーブ農場では栽培スタートに向けて、マルチ張り※を行うため3月28日早朝より出向いてみると平野部とは異なり、3cmほどのきれいな霜柱が出迎えてくれました! 2日前に降った雪もすっかり解け、午前中はいつもの如く石拾いから始まり、畑の表面が乾き始めた昼ごろからマル…[続きを読む]
  • 冬の作業は寒さ以上に大変なんですよ2017.02.02

    <冬の作業は寒さ以上に大変なんですよ> 1月27日 この日も明野ハーブ農場へ出向くと「凍結と解凍」を繰り返している畑の表面は砂漠のようにサラサラ。でも2cmも掘ると下はカチンコチン。この季節昼間でもあまり気温が上がらないため、永久凍土のように一日中土が凍ったままになっている状況をよく見かけます。とにかく寒い! さて、みなさんは寒いこの季節、農場でどんなことをしているかご存知ですか?  冬はハーブも…[続きを読む]
1 〜 6件 (全6件)
ページトップへもどる