News

お知らせ

  • 2019.07.16
  • LABO LETTER

LABO LETTER Vol.10「紫外線に対するオウゴン根エキスの効果を新たに発見!」

みなさんこんにちは。

もうすぐ梅雨明けですね。夏の強烈な紫外線が今年もやってきます。

紫外線を浴びると活性酸素が発生し、元気な肌の細胞もダメージを受けて死んでしまいます。すると「乾燥」「シミ」「シワ」「毛穴が目立つ」など様々な肌の悩みを引き起こします。そのため、紫外線によるダメージから肌を守ってあげることがとても大切です。

 

ネイチャーズウェイでは様々なハーブの新たな効果効能を同志社大学大学院 生命医科学研究科 市川 寛 教授 (医学博士)と共同で研究しています。

今回その研究結果として、オウゴン根エキスが紫外線(UVB)によるダメージから肌の細胞を保護する効果があることを新たに発見。2019年6月27日の酸化ストレス学会および6月29日の日本香粧品学会で発表しました。(実験方法・結果については※1参照)

1

 

オウゴン根エキスが配合された化粧品を使うことにより、紫外線のダメージに負けない強い肌になっていくので、これからの季節にはぴったり。美しくて健康な肌を手に入れましょう。

 

ハーブの新たな効果効能をこれからも調べていき、皆様に自信をもってお届けできる自然化粧品をさらにつくっていきます!

 

 

※1 実験方法・結果

ヒト表皮角化細胞をオウゴン根エキスに24時間さらした後、UVBを照射して生細胞数を測定しました。その結果、オウゴン根エキスにさらした細胞はさらしていない細胞と比較して、細胞生存率の低下を抑制しました。

 

2

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事もよく読まれています

ページトップへもどる